2016-09-11

おーいお茶CMの女の子は有村架純?高畑充希?「春、まろやか」篇のBGM斉藤和義「ずっと好きだった」は資生堂CM用だった

2016-09-11
スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋パッケージになった、おーいお茶の新CM。
とと姉ちゃんの撮影が終了した高畑充希が早速起用されたのかと思いましたがさにあらず。
次々回の朝ドラヒロインが決定している有村架純ちゃんでした。

→平成29年度前期NHK朝ドラ「ひよっこ」主役ヒロインは「とと姉ちゃん」高畑充希の親友有村架純に決定

↑の記事にもありますが、二人はそっくり顔の親友として有名です。
新CM↓を見ているとなんか声まで似ているような気がします。

ご飯の甘味を引き立てる、大事な脇役として訴求



ワクワクした表情で土鍋をのぞきこむ有村架純さん。そこには、ほっかほかの炊きたての栗ごはんが!紅葉がキレイな庭先で、紅葉(もみじ)をデザインしたパッケージの「お~いお茶」を飲みながら栗ごはんをおいしそうにほお張り、日本の秋を全身で楽しみます。いつもより“食いしん坊”になってしまうのは、秋だからでしょうか。“ごはんの甘みを引き立てる”「お~いお茶」を味わいながら、日本の秋を満喫。幸せを感じる有村さんでした。

CMはネーミングを想起させるオリジナル楽曲との掛け合いで、有村架純本人のオンリップで今回の訴求ポイントである「ご飯の甘みを引き立てる」をズバリ言わせるストレートトークの超王道企画であります。

もうちょっと具体的に言うと、楽曲は単なるBGMではなく、歌詞で有村架純に「お~い食いしん坊!」と呼びかけているのですが、これはネーミングと掛けており「お~いお茶」以外のブランドではありえない導入なわけで、どのブランドのCMだったっけ?を防ぐ役割があるものと思われます。
んで、「どうしてお前はそんなに食いしん坊なのかね?」とBGMが聞くので、架純ちゃんは今回の訴求ポイントをご本人の言葉で「だって、このお茶がご飯を美味しくしちゃってるんだもん」と言わざるを得ない、そんな造りになっています。
また、ナレーターによる説明ではなく、映像に映っている架純ちゃん本人の唇の動きとあわせて音声が出てますが、CMではこの手法が最も記憶に残るとされています。
季節を先取りした美しい背景と美味しそうな旬の味覚からも言いたいことをまんま言う必然性をつくり、直球ど真ん中の宣伝文句を極めて自然なカタチで送り出すことに成功していると思います。

そんな王道企画ではありますが、コピーは「日本の秋旬を食べよう!」となっており、お茶は脇役。食べ物をおいしくするワインと同様の売り方ですね。

CMの調査をやると、印象に残っている要素を分析することができますが、この企画の場合は、タレント、音楽、紅葉、栗ごはん、商品(お茶)、訴求内容(内容理解)など、いずれも強いスコアが出そうな気がします。


伊藤園は緑茶飲料のトップシェア企業

一般的にお茶無しで飯食えと言われたら詰まって噴飯するので、「ご飯にお茶」を敢えて言うか?という話はあろうかと思いますが、そこはやはり伝えるべき事実を証明するエビデンス↓あっての訴求点なわけです。

日本伝統食品であるお茶とごはん。
日本人にとってお茶とごはんが合うというと当たり前に聞こえますが、この度、AISSY株式会社が味覚センサーを用いてその味覚関係について定量データ分析を実施したところ、「お~いお茶」とごはん※との相性度が非常に高い数値を示し、他の緑茶飲料と比較しても、「お~いお茶」がごはんとこの上ない相性度と客観的な数値としても、証明されました。※魚沼産コシヒカリ
伊藤園サイトより
ごはんの甘味とほぼ同一スコアのお茶の苦味と旨味が重なり、ベストなバランスに。ごはんの甘味をお~いお茶の程よい苦味と旨味が引き出し、高い相性度を示しています。
お~いお茶がごはんの甘味を引き立てるという点においてはこれ以上ないという相性の良さでした。

とと姉ちゃんの商品テストは、調査機関がビビって名前を出すのを拒んだため自社内でテストを行い、結果、調査手法に疑問を持つ報道が流れるハメになってますが、本調査においては、AISSY株式会社と慶應義塾大学の共同研究グループが開発した「味覚センサー」なるものを使用して同社が調べたというお墨付き。

とはいえ、これはあくまでエビデンス。味覚という人によって異なる感覚の、しかも微妙な差異の話であり、潤沢な出稿量があって初めてなせる言ったもん勝ちなメッセージであるともいえます。
それもそのはず、お~いお茶をつくる伊藤園は緑茶飲料シェアトップの、まさにこういった戦略をとるに相応しい王者なのであります。

年がら年中CMを見かけるような気がする緑茶飲料ですが、昔は水同様にお茶をジュースと同じような感覚で買うなど考えられませんでした。
伊藤園はこの市場を切り開いた先駆者であり、そのヒストリーは↓で漫画でわかりやすく解説されています。

→伊藤園の緑茶飲料開発ストーリー

一連のブランドサイトからも緑茶に対するこだわりが見て取れます。

ちなみに自分は、生茶が発売された時に、幼稚園のころに持ち歩いていた水筒のお茶と同じ味であることに感動しこれはウマイと思いましたが、最近は他社の味が近づいたのか違いがよくわからなくなってます。
きっと細かな商品改良の積み重ねなんだと思います↓。

→お~いお茶、圧倒的シェア1位の驚愕の秘密
→伊藤園「お~いお茶」が30年もトップシェアを維持できている“理由”


伊藤園は王道のCM以外にも、新規性の高いプロモーションにも積極的。
イングレスファンからは好意度高いと思いますw。

→伊藤園の「Ingress」向け自販機風マシン2号機、仙台に設置

(追記)

有村架純出演新CM「春、まろやか」篇BGMは斉藤和義「ずっと好きだった」

春の到来間近ということで、パッケージも桜に一新されたおーいお茶の春編の新CMが始まっています。


前回のオリジナル楽曲から一転して、今回のBGMは斎藤和義の「ずっと好きだった」。


この楽曲、元は別のCMのために描き下ろしたものなのだとか。
表題曲は資生堂「IN&ON」(インアンドオン)のテレビCMのために書き下ろされた曲で、2010年3月31日から着うた先行配信がスタートした。CMコンセプトの「よみがえれ、私。」と共に、同窓会をテーマに、再会した初恋の人を告白する歌詞である。メロディはキャッチーで、斉藤本人も覚えやすさを念頭において作ったと言っている。

んで、その資生堂のCMがこちら↓。


当時のCM発表会にはCM出演の4名、伊藤つかさ、荻野目洋子、河合その子、石川秀美に加えて、斉藤和義も登場しギターソロで「ずっと好きだった」を披露↓。


現在インアンドオンのサイトは終了となってますが、ブランド自体廃止されてしまたのでしょうか?
だからおーいお茶でも楽曲が使えるのかもしれませんが、元々CM用ということで15秒でのアピールは抜群。
しかも覚えやすく作ってあるとの斉藤和義コメント通り、耳覚えのあるCM用の楽曲がもう一回使えるというメリットは一か八かがないので非常に大きいと思われます。

有村架純主演の東京制作の朝ドラ「ひよっこ」は2017年4月3日(月)スタート。
昨年11月2日クランクインということで今回のご当地茨城を皮切りに撮影もだいぶ進んでいるものと思われ、個人的にはあさが来たやとと姉ちゃんと比べてやや話題が薄いかなーと思われるべっぴんさんからの盛り返しを期待したいところであります。

➡平成29年度前期NHK朝ドラ「ひよっこ」主役ヒロインは「とと姉ちゃん」高畑充希の親友有村架純に決定

➡ひよっこ ときこ役は誰?佐久間由衣(さくまゆい)はブレイク必至!

こちらの記事もどうぞ。

→日産JUKE/ジュークCM パパラッチから逃げるモデルの女の子は誰?祐真キキ(すけざねきき)

→トヨタ 福山雅治 新プリウスCM 大泉洋扮するイヌの犬種は?月世界篇・東京タワー篇

→親子の絆を深めるingressの楽しみ方

→イングレスのリアル課金アイテム「靴」の寿命を延ばす方法(ポケモンGOでも可)


スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

ブログ内の関連コンテンツ by Google

 
TOP