2017-04-18

SAS睡眠時無呼吸症候群の対策と治療体験記 その8 CPAP治療のススメ。CPAPは睡眠圧縮剤か?

2017-04-18
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SAS睡眠時無呼吸症候群の対策と治療体験記 その7 シーパップ(CPAP)治療とは?機器は購入するの?からの続きです。

CPAPによる睡眠時無呼吸症候群の治療を初めて早1年。
律儀に(というかCPAPレンタル料を払わないと行けないので仕方なく)月一回通院しているのですが、一応症状は治まっているとのこと。
通院の際は、CPAPに差し込んでいるSDカードを提出し、身長・体重・血圧をセルフで測定した後に、先生の診断を受けるのですが診断時間は毎回わずか2分。
SDカードのデータを見て無呼吸の症状が出ていないこととCPAPの設定(空気圧だと思う)が間違いない事を確認するだけ。
パソコン操作だけなので、これなら自分でできるんですけどと毎回思ってしまいます。

➡弱者から搾取!睡眠時無呼吸症候群(SAS)患者に巣食う「医者と医療機器会社」ボロ儲けの実態



CPAPは買い取りもできるらしい。

同じ疾患の先輩でもある義理の弟もCPAPユーザー。
CPAP談義の中で、レンタル料と毎月の通院費用がもったいないから、海外からCPAPを安く並行輸入しようとする輩とかいるのではないか?などと話していたところ、弟は海外赴任となった際に先生に相談して買い取り手続きをしたとのこと。

調べると個人輸入も術はありそうですが、相当面倒な手続きが必要な上に、健康上のリスクもあるわけで、今まで使っている機械が買い取りできるのであればそれがベスト。
ただし、通院できないそれなりの言い訳を用意する必要があると思いますが。
正面突破の裏ワザといえますね。


CPAPの効果は?CPAPはドラえもんのひみつ道具「すいみん圧縮剤」か?

んで、肝心のCPAPの効果ですが、テキメンとはまさにこのことで装着翌日からピタっと眠気解消。
2分に1回だった呼吸も正常となり、脳細胞が酸欠で壊れるスピードも少しは緩和したのではないかとw。
非常に体の調子がよろしいので、これはひょっとして酒のんで夜更かししても大丈夫なのでは?もしかしてCPAPはドラえもんのひみつ道具「すいみん圧縮剤」なんじゃないの?と別の意味で調子に乗り、睡眠時間はますます短くなる方向に。


すいみん圧縮剤
  • 単行本:てんとう虫コミックス短編第16巻第4話『りっぱなパパになるぞ』(P.35)
  • デビュー掲載雑誌:小学六年生1977年3月号『のび太のゆくすえ』
  • 説明: ひみつ道具である『睡眠圧縮剤』は、のび太の息子であるノビスケが「無重力シアター」で、実演される「プラネッツ」の「深夜コンサート」に行くために、飲もうとした錠剤のことである。この錠剤を飲むと、一時間の睡眠で十時間分の睡眠を取ったことになる。
(ドラえもん Wikia)
結果、SDカードのデータを見た医者から、睡眠時間が短すぎ&酔っ払ってCPAPを装着しない日が多すぎを咎められることに。

治療法としてやや強引且つ原始的な気がするCPAP。
且つ装着している姿はブサイクそのもので、若い娘だと死にたくなると思われるCPAPですが、効き目は抜群なので、のどちんこ手術とCPAPとで迷われてる方は、まずはCPAPを試してみることをオススメします。
のどちんこは再生できないからね。


スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

ブログ内の関連コンテンツ by Google

 
TOP