2015-01-13

遠くでずっとそばにいる 倉科カナ 残念な夫。

2015-01-13
スポンサーリンク
スポンサーリンク

夜更かし映画鑑賞。なぜかまたラブストーリー。



狗飼恭子の小説を『夜のピクニック』などの長澤雅彦監督が映画化したミステリードラマ。交通事故の影響で過去10年の記憶をなくしてしまった女性が、失われた記憶をたどっていく中、自身の残酷な過去と向き合う姿を、透明感あふれる映像で描き出す。主演は、『花子の日記』などの倉科カナ。『ツレがうつになりまして。』の中野裕太、人気芸人の徳井義実ら多彩な顔ぶれが共演。『ニューヨーク、アイラブユー』などで国際的に活動を続けている岩井俊二監督が、自作以外で初めて長編劇場映画の音楽を手掛けている。

主演は、ファーストクラスの「キューティースナイパー」こと、倉科カナ。秋田を舞台に事故の前の記憶を辿る主人公を好演。
連ドラでは、同じ水曜10時枠の「残念な夫。」に続けて出演。存在感増してますねー。



ファーストクラス視聴率では日本テレビに惨敗だったフジテレビ。残念な夫。で巻き返しとなるのでしょうか?

スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

 
TOP