2015-01-13

腰痛対策のベッド選びその1 川の字で並んで寝られるIKEA木製ベーススプリングマットレス

2015-01-13
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供が生まれて15年来、せんべい布団で川の字に並んで寝ていたのですが、年を重ねるごとに腰痛がひどくなり、長く寝ていられない、ということでベッドでの生活を所望しておりました。
そして、昨年。もう限界!ということで、いよいよベッドの導入に踏み切ったわけですが、そもそもベッドに関する知識が全く無いため、何をどう選んでよいのかわかりません。

IKEAのベットフレームでは川の字は無理

まずは大好きなIKEAに足を運んでみました。


探していないときは、たくさん種類があるように思われたIKEAのベッドフレームですが、じっくり見ると意外に選択肢が少ないような気がします。
特にマットレスからフレームがはみ出さないタイプが少ない。どうもIKEAのベッドはフレームの内側にマットレスを収めるタイプが多いようです。
せんべい布団には別れを告げるものの、川の字には寝たい。ゆえにベッドを隣り合わせたときにマットレス同士の間に隙間があってはよろしくないのです。



マットレス一体型ベッドフレームなら川の字もOKだが。。。

IKEAにはフレームを使わない、マットレスに蒲鉾みたいな板がついたタイプ(木製ベーススプリングマットレス)もあります。これに足をつければいきなりベッドとして使えるわけです。
これなら、マットレスを3台くっつけて使えるし、しかも安い。


寝心地も悪くなかったこともあり、これでよいかなーとも思いましたが、IKEAが嫌いな細君曰く、頭の上の板(ヘッドボード)がないと子供が落ちるとのことで却下。
ということで、IKEAでの購入は断念したわけです。







腰痛対策のベッド選びリンク一覧

スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。
 
TOP