2016-10-19

裏マニフォールドのラウンドジップロングウォレットを栃木レザーとYKKエクセラファスナーで自作してみたその2 塗ったボンドを剥がすには除光液が便利

2016-10-19
スポンサーリンク
スポンサーリンク

裏マニフォールドのラウンドジップロングウォレットを栃木レザーとYKKエクセラファスナーで自作してみたその1からの続きです。

まずは革の裁断。
前述のとおり革のパーツはわずか5枚。
本体であるオモテ面の2枚は浅草橋アビチで購入した黒の栃木レザーを、中の仕切り兼小銭入れ部分の1枚は同じくアビチのヌメ革を、カードのポケットとなる2枚はありあわせのハギレを使用しました。

それぞれ推奨の革厚があるようですが、あまりこだわってません。

ファスナー界の最高峰に君臨するYKKエクセラファスナーを使用

ムック本の作り方に従い、小銭入れ部分から作業を開始します。
単純に断裁して縫い合わせるだけでなく、仕上げを美しくするために断裁面の角を削ったり磨いたりという細かい作業で意外に時間がかかります。
これができたところで小銭入れ開口部にファスナー界のメルセデスとも言うべきYKKエクセラ(ルミナ)ファスナーを取り付けます。

マルチカラーのファスナーがアクセントに
ダイソーで買えば100円で束が買えるところ、このファスナーは12cm1本で約800円。
ファスナーのかみ合わせ部分の全面を研磨しているので開閉が滑らかで噛んだりしないのがウリなのだそうですが、よくよく考えると内側の見えない部分なのでここはもうちょっと始末してもよかったかもしれません。。。


ファスナーはもう1本、本体のラウンドジップの部分にも必要なのですが、こっちは丁度よい長さのものが手に入らず、ちょっと長めのものを自分で調節する必要がありました。
具体的には30cmのファスナーを購入し、それを3cmほど短くするため、務歯(ムシ)と呼ばれるファスナーの歯をニッパーで一つずつ切り離していきます。
が、この務歯が異常に硬く、実にしぶとく布テープにしがみついているため、切り離すのにかなりの力を要します。

右上のニッパーの近くにあるのが務歯の残骸。
どうにか務歯を切り離したところで、末端に上止めという金具を布テープに噛ませます。
欲しいのは上止めだけだったのですが、下止めやスライダーがセットになったものしか手に入らず↑の写真のとおり、こんなにスライダーばっかりどうすんだよ、という状態に。。。
元からファスナーについていた上止めが再利用できればよいのですが、務歯以上に切り離すのが難しくこれは断念しました。

喰い切り↓という工具があればもうちょっと楽に作業ができたかもしれません。


間違えて塗ったボンドを剥がすには除光液が便利

ファスナーの長さ調節が完了したところで、裏マニフォールドづくりで一番難しいと思われるラウンドジップの取り付けにかかります。
何が難しいかというと、本体革パーツの接着する側がアール形状となっており、急カーブを描くコーナー部分を含めて布テープの露出する高さを均等に保つのが大変だと思うわけです。
ボンドを塗った布テープが余計な場所にくっつかないように気にしながらベストな位置に貼るのは至難のワザで、そんなことに気を取られているうちにウッカリ布テープの反対側にボンドを塗ってしまい俄然やる気を喪失。。。

泣いていると細君がドラえもんのひみつ道具のように除光液なるものを取り出しました。

注意力散漫な性格が引き起こしたビフォー写真
これが効果てきめん、絶対に剥がれることがないと思われた万能神ボンド「スーパーX」が徐々に剥がれていきます。

ドラえもんの活躍でミスが帳消しとなったアフター写真
なんとか事なきを得ましたが、工程の中では結構な時間を食うハメとなりました。
自業自得ですが。。。



スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

 
TOP