倉敷帆布と栃木レザーのビジネストートバッグ製作 その4 栃木レザーの持ち手とポケットを取り付け

2020年4月22日水曜日

レザークラフト

t f B! P L

レザー持ち手(ベルト穴側)づくり

持ち手のベルトのバックル側が完成したので、次はもう一方のベルト穴がある側を作ります。まずはベルト先端の剣先を作り、ヘリ落としという道具で革の裏面の角を削っていきます。


道具の切れ味が鈍いと革がボロボロになってしまいます(*_*)
その後、トコノールという仕上げ材を裏面から側面にかけて塗り、コーンスリッカーというちょっと怪しい形をした棒で磨くことで、持ち手を手に馴染むように仕上げていきます。

下が作業後です。コバ磨きは苦手な作業です。
続いて本体への取り付け作業。菱目打ちという道具を木槌で叩いて、ベルトに縫い穴を開けます。耐久性とデザイン性を鑑みて、縫い穴は3列としました。

レザークラフトを始めたころから使っている道具たち。そろそろ新しいものに変えてもよいかも。

レザー持ち手を本体帆布に取り付ける

ボンドでベルトと本体を接着し、乾いてから麻ひもで一針ずつ縫っていきます。薄手の布なら、縫い穴を開けておかなくても縫い針は通りますが、さすがに分厚い4号帆布はさにあらず、ボンド接着後に再度菱目打ちで穴あけ作業を行うことに(T_T)

取付位置は何度もシミュレーションして決めました。
針が通らず指が痛くて、2列でもよいのに3列にした自分を恨みました(-_-メ)

細かなミスや想定外の問題は随所にでてきますが、なんとかリカバリーしながら進めていきます。

持ち手を取り付けたところで、最低限のバッグ機能としては完成。あとは、シンプルなデザインの中で、唯一の特徴ともいえる側面のレザーポケットを取り付ける作業を残すのみです。が、意に反してここからが結構大変な作業となりました。。。

大型レザーポケットの本体縫い付け

ポケットに使用するレザーは、品質の高さで知られる栃木レザーの牛ヌメオイルレザー。ベルトと同じ明るい茶色ですが、発色が良くオレンジにも見えます。近くで見ると天然素材の証、ナチュラルマーク(天然傷)が木目のようでもあり、とってもキレイなんです。これを写真のように二つ折りにして、長い面を側面のポケットとし、短い面は贅沢にも、担いだときにチラッとだけ見える底面に回り込ませることで、ちょっとリッチな感じを演出することにしました。

発色と模様が美しいオイルレザーをポケットに。
金具の打ち台のRを利用してレザーをカット。こういうのは成り行きのアイデアです。
ポケットの周囲もトコノールとコーンスリッカーで整えます。

手探りで縫い穴を探すのは止めた方が良い件

革に縫い穴を開けて、ボンドで本体に接着。いざ縫い始めますが、バッグが深くて底部まで距離があるため、バッグに手を突っ込んで作業するのですが、針の位置が分からず、手探りで縫い穴を探さねばなりません。且つ、帆布が厚くて貫通するのに力がいるため、一針縫うだけでもメチャメチャ時間がかかるわけです(T_T)。

この辺までは全く問題なかったのですが...
ここまで来て、完成が疑わしくなるほどの難航作業に心折れそうになりながらも、朝の来ない夜はない、と自身に言い聞かせながら、なんとか縫い作業も完了。

ちょっと縫い始めただけで、この作業の厳しさを痛感(;_;)
最後に、ベルトのバックルと色と素材を合わせた、真鍮製の底鋲を底面に5個打ち込んで、やっと完成です。

目立たない場所なのでよいですが、縫い目も結構ボロボロです_| ̄|○
次回はいよいよ完成した作品を公開いたします。乞うご期待。

倉敷帆布と栃木レザーのビジネストートバッグ製作 その5に続きます。

サイト内を検索

ハンドメイド作品をメルカリ・ミンネなどで販売しています。

スポンサーリンク

いいね!はコチラ↓から




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイドバッグへ

QooQ