2010-09-21

吸引力が続くサイクロン式掃除機 三菱電機「風神 TC-ZK20S」

2010-09-21
スポンサーリンク
スポンサーリンク

我が家の10年前の紙パック掃除機がいよいよダメになってきたということで最近発売された掃除機の話題。
実はもう1台、数年前に買ったシャープのサイクロンがあるのだが、紙パックとどっちがよいのかという話で、サイクロンは毎回ゴミを捨てたり、たまにフィルター掃除をしないといけないのが面倒。
紙パックは吸わないというが10年前よりは格段に進歩してるだろうと思われ、横着な一家としては紙パックがやや優勢。

世の中の憧れダイソンよりも国産サイクロン風神

掃除機といえば世の中の憧れはダイソンだが、我が家には高すぎて論外。話題にもならない。
そんな中、日本初の本格サイクロンらしい、ということでちょっと注目している三菱の「風神」の話。

サイクロン掃除機がサイクロンボックス内に備えるフィルターを、日本製で初めて不要とした。フィルターの目詰まりなどがなく、吸引力が長続きする。集じん室にたまったゴミの中を風がほとんど通らないので、排気のにおいも抑えられる。ゴミ捨ては簡単で、サイクロンボックスは水洗いしやすい。(日経新聞)

検索するとブロガーイベントをやったようで、結構詳しいレビューが見られます。
ワット数がこんなに少なくて大丈夫か?という疑問も解決。
値段もダイソンよりははるかに良心的。


ゆとり世代は知らない。風神といえばプロレス。

コメント的には「風神」といえば・・・というプロレスの話題がたくさん出てきますが、これはその通りで、視聴者の記憶もそうだと思いますが、それ以上に開発側のこのエピソードへの思い入れは相当なものだと思います。
満を持して投入した新製品に、永久欠番的なネーミングを冠して発売、というのはたまにみかけるけど、大ヒットって少ないだけに頑張ってねって感じです。
といいながら、結局買うのかどうかはまだわかりませんが。

あわせて読みたい↓
エレクトロラックス エルゴラピード プラスが、ダイソンより部屋がきれいに保てる理由とは?

スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。
 
TOP