2015-10-19

ハンティングワールドのボストンバッグをリメイクしてみた その1 バチュークロスのベタつきをなんとかしたい

2015-10-19
スポンサーリンク
スポンサーリンク

古いハンティングワールドのボストンバッグのパーツを使ってトートバッグを作ってみたという話です。

20年前にニューヨークで買ったトリコロールカラーのボストン。
当時日本では売っておらず自慢気に使っていたものですが、さすがに歳月を経て汚れというよりもバチュークロス特有のベタつきがひどくなり使用に耐えない状況に。


アウトドアブランドとして丈夫なのを売り物にしているバチュークロスですが、長持ちしないというのが通説なようです。とはいえ、1ドルが当時80円そこそこの時代に9万円くらいで買った記憶があり、多少ベタつきますがバッグとしてはまだ使えるわけで簡単に捨てるのはもったいない。
ということで、なんとかDIYで復活させられないかと思ったわけです。

ハンティングのバチュークロスは表皮を剥がして使うのが通?

こんな状態のハンティングがオークションで出されてるのを時々見かけたりしますが、一体買ってどうするんだろうか?と思います。
革の部分は大丈夫ですが、赤のバチュークロスはこのようにただれていたり、


紺は溶けてベタついていたり、白いところはわりとマシな感じで、色によって微妙な違いがあるような気がします。


今更手入れや復活の方法など色々調べてみると、ハンティング通はバチュークロスの表面の皮を剥がして使う、などというホントか?と思えるような情報もあり、試してみましたが。。。






復活はあきらめ、分解してパーツを再利用するリメイクに変更。

案の定、余計にひどくなりボストンバッグとして使用するには後戻りできない状態に(泣)。


やむなく、使えそうな革や内側のクロスやファスナーやDカンの部分だけ、取り外して再利用することにしました。
言うのは簡単ですが、分解も結構大変で、バチュークロスの中のウレタンだかスポンジが、ボロボロの粉状になっており、部屋中粉だらけになってしまいます。分別廃棄することまで想定してないと思われ革に貼り付いたクロスを剥がすのも一苦労です。
とりあえず、分解しただけでくたびれてしまい、この後半年間放置されることになります。。。


ハンティングワールドのボストンバッグをリメイクしてみたリンク一覧

 
スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

ブログ内の関連コンテンツ by Google

 
TOP