2015-01-26

腰痛対策のベッド選びその3 センベラウッドスプリングに布団を載せて寝てみた(映像解説)

2015-01-26
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腰痛対策のベッド選びその2からの続きです。

そもそもセンベラのウッドスプリングは、ラテックス(ラバーフォーム)とのセットでの使用を推奨しています。
ヨーロッパでは、廃棄処理の難しいスプリングマットレスよりも、ラテックスのマットレスが主流らしく、ウッドスプリングはラテックスマットレスの寿命をのばす効果があるようです。
スプリングマットレスの下に、更にスプリングマットレスを重ねたダブルクッションなるベッドフレームも同様の効果を狙っており、寝心地とマットレスの耐久性を高めたいホテルなどで使われているみたいです。



ウッドスプリングと寝心地の関係

ということは、ウッドスプリングは寝心地にはあまり関係がないのか?という疑問もわき、先に届いたセンベラのウッドスプリングのフレームの上に、ホントは破損する危険があるのでイケないらしいのだが、布団を数枚重ねて寝てみました。
んで、これ↓が下からのぞいたスプリングが機能している映像です。おそらく本邦のみならず初公開映像と思われます。



映像では寝返りを打ったりしてるのですが、布団から伝わる体圧を板バネが吸収して大きく稼働していることがよくわかります。



樹の枝上に布団を敷いて寝ている気分。文字通りウッドスプリング

ペラペラの布団なので、これだけ動くのでしょうが、分厚いマットレスでも効果があるのかは謎です。
で、肝心の寝心地ですが、板バネが折れないように布団を数枚重ねてるので、ただでさえふわふわなのですが、慎重に寝てみると布団を通して板バネの感覚はしっかり伝わってきます。
たとえると、樹の枝の上に布団を敷いて寝ている、こころもとないような、気持ちいいような。
ということで、ウッドスプリング自体は、決して悪くない寝心地であることがわかったところで、次はマットレス選びです。


腰痛対策のベッド選びリンク一覧

スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

ブログ内の関連コンテンツ by Google

 
TOP