FYIの意味と使い方


スポンサーリンク

メールに「FYI」という意味不明の言葉があり、検索してこのサイトに流れ着いたあなた!m9(^Д^)
ようこそFYI(4-ur.info)へ!


このサイトFYI(4-ur.info)では、FYI(For Your Information)の意味と使い方だけではなく、FYIを使ってコミュニケーションするための「ちなみに」な話題も紹介しています。

→このサイト FYI(4-ur.info)について

FYIの意味は?

エフワイアイ

FYI ( For Your Information )

外資系企業の方とメールのやり取りをすると割と目にする表現とも思われ、元々の意味合いをWikipedia英語版で調べてみました。
それによると、FYIとは「ご参考までに」を意味する"for your information"という英語表現の頭文字をとった略語であり、一般的にメール、インスタントメッセージ、メモなどで使用されているとのこと。
受け取る相手が興味を抱きそうな内容を伝えてはいるものの、それに対して返信などのリアクションは要らないよ、という意志を知らせるために、メールの件名などにその合図として用いられ、一般的には非公式なメールやビジネス会話の中で使用されているようです。

要は「ちなみに」的なことを言いたい時の接頭語なのですね。
非公式なものだと言ってる↑くらいなので、使用に関しては特に規定されたルールとかはないと思います。
というか、日本国内では、外資系企業や一部の業界以外は、それほど浸透しているコトバとも思えないので無闇に使うものでもないのかなと。
むしろ、失礼だと思われる方もいるかもしれない↓ので注意です。

→非常識な「ビジネスメール」 専門用語、業界用語を平気で使っているメールは本当に迷惑(日経ビジネス)

FYIの使い方は?

具体的な利用イメージですが、
メールの内容全体が「ご参考まで」的な場合は、【至急】とかと同じように件名のアタマに【FYI】を付けて送れば、このメール自体に返信の必要なしという意志を伝えていることになります。

件名:【FYI】ホニャララの件

...という感じですね。

また、メールの本文は必要な内容であるが、敢えて別メールで出すほどのものでもない(もしくはさり気なく伝えておきたい)参考情報を記載しておきたい場合などは、メールの文末に「FYI:~」という感じで追記すれば、この部分にはリアクションいりませんから、ということになります。
具体的にはこんなイメージ↓でしょうか。

(本文)
以上お忙しいところすみませんが、よろしくお願いいたします。
FYI:ホニャララの件はその後カクカクシカジカの状況になってます。

...的な按配で使ってみてはいかがかと思います。
追伸(P.S.)とちょっと似てますが、追伸の方が意味深でリアクションが欲しい内容な気がします。
FYIはもうちょっと無邪気な感じ(個人の感覚ですw)。

他にもあるメールで使える英文略語 ASAPとは?TBDとは?

FYI以外にもなんじゃこりゃと思える英略語のメールが時々飛んでくると思います。
相手によっては、イラッとしますが↓くらいは許してあげましょうw。

ASAP(As Soon As Possible)

ASAPとは、「至急」「できるだけ早く」「可及的速やかに」という意味の英語表現および英略語。メールなど相手へのメッセージの文章でよく用いられる表現で、返答や対応を急いでほしい時に使う。基本的にビジネスの文章で使う表現で、会話(口語)やプライベートではあまり使わない。

TBD (To Be Determined)

TBDとは、未定、未確定、未決定などの意味を持つ英語表現。単に決まっていないだけでなく、後で決める予定である、将来確定させるべきである、という含意がある。書類などを作成する際に、項目は挙がっているが発行・公表までに内容の確定が間に合わない場合などに記載される決まり文句である。

メールよりも議事録のような資料で見かけることが多いような気もします。
例えば、ToDoリストの期限のところにASAP、担当者の欄にTBDが入っていたりという按配で使われたりします。

個人的には「早めにお願いします」と人にものを頼んだり、「まだ決まってないんです」とかの申し訳ない場面でカッコつけてんじゃねーぞ(#゚Д゚)ゴルァ!!と思ったりもしますw。
英文メールだともっとたくさん略語があるみたいですが、国内のメールでは覚える必要も使う必要もないですね。

メール以外でもよく使われるDIYとは?

FYIとちょっと似ているDIYはメール以外でもよく耳にするコトバだと思います。

DIY (Do It Yourself)

DIY(ディー・アイ・ワイ)とは、専門業者ではない人が自身で何かを作ったり、修繕したりすること。
英語のDo It Yourself(ドゥ イット ユアセルフ)の略語で、「自身でやる」の意。「D.I.Y.」とも。
ホームセンターとかでよく見かけそうな言葉ですが、メールの中で使うときは「自分でやりなさい」的な使い方になります。

FYI(ちなみに)このブログは英文略語がテーマではなく、いわゆる雑記ブログなのですが、DIY(Do It Yourself)関連の話題が割と頻繁にでてきます。
昔から工作が好きであったこと、年々可処分所得が減っていることw、根がケチであることwwがその理由であります。
いつか何かの役に立つかもしれない珠玉?のDIY集↓を是非ご覧ください。

→セルロイドフレームメガネの白い汚れをいろんなもので磨いて落としてみた

→100均でつくる下駄箱収納アイデア

→ミニDV(miniDV)のダビング方法

→あさが来たBD・DVDラベル(レーベル)を作ってみた。

→イングレスのリアル課金アイテム「靴」の寿命を延ばす方法(ポケモンGOも可)

→わずか数百円で革靴の履き心地を極上にする自作レザーインソール

→ハンティングワールドのボストンバッグをリメイクしてみた

→実家で年金生活をする親の家計のキャッシュフロー表(資金繰り表)を作ってみた

→昼間異常に眠い病気の治療 自分で型取りするマウスピースを使ってみた

→読めなくなったDVDデータを復旧できるソフト DiskDigger 

→ビバ!江戸さんの素材を借りて、江戸文様ブックカバーを自作してみた

→子供と作るコマ撮り動画

→超リアル合成写真をつかって年賀状を作る

→閉鎖されたはずのMy Avatar Editor(マイアバターエディター)でWiiのMii風年賀状を作る裏ワザ

→子どもと作る実写版アングリーバード動画w

→フレッツ・テレビを自分で配線すると14,000円くらい節約できる件

その他DIY記事一覧はコチラから。

最近の投稿はコチラからどうぞ。

スポンサーリンク

ブログ内の関連コンテンツ by Google

 
TOP