2015-09-04

わずか数百円で革靴の履き心地を極上にする自作レザーインソール

2015-09-04
スポンサーリンク
スポンサーリンク

近所のイオンのオープン記念で気前よく売られていたリーガルのヴァンプ。ホントかどうか正価2万円が半額の1万円でした。
しばらくオサレから遠ざかっていた結果、ふわふわソールのホーキンスに慣れてしまい、学生時代以来のゴム底リーガルは特有のしっかり感はあるものの、地面を踏んだときの衝撃が足裏にもろに伝わり非常に痛いわけです。要は底が薄いのですね。
そこでインソール。中敷きの出番。

革製品は買うと高いけど自作すれば意外なほど安上がり

100均に行けば、いろんな種類の中敷きがありますが、リーガル様に100円では申し訳ない、というか脱いだ時にかっこ悪い。
とはいえ、革のインソールはお高い。っても大したことないけど、なんか買いたくない。

というのも、最近革細工を始めたのですが、革製品は自作でもそこそこ立派に見え、且つ非常に安上がりであることに気付いてしまった故。ということで、今回はハギレのヌメ革を使ったインソールの自作に挑戦しました。

まず上のような写真からざっくり足型を紙にトレース。あくまでざっくりでパクリではないです。
で、型紙を靴に入れて大きさを調整。
型紙ができたら、革に仮止めして断裁。足の大きさに満たないハギレなので、見えない爪先部分はつぎはぎとなります。


売り物のレザーインソールにはムレ防止だと思いますが無数に穴があいているので、意味があるのかどうかわかりませんが、真似して目見当で周囲に穴を開けていきます。
しかし、これが意外に面倒くさい、アンド、木槌でポンチをガンガン叩いて穴を開けるので細君や子供からウルサい、やめろ、と非難を浴びるわけです。
革部分はこれで完成ですが、革1枚では明らかに薄すぎなので、クッション性のある素材を組み合わせることに。


今回は、マットなどの下に敷くゴム製滑り止めシートを型紙に沿ってカット。さらに足裏の痛くなる部分にはコルクシートも貼付。
つま先までコルクを貼ってしまうと、ギュウギュウで余計に痛くなってしまうので注意
革の裏面にセメダインでこれを貼りあわせて完成。


裏から見た図。



偶然の産物。安いだけでなく履き心地もマーベラスに

んで、靴に入れるとこんな感じ。


意外に立派に見えるのではと満足。

しばらく使ううちに飴色に変化するのと、革が湿気を吸いつつ、足の形にあわせて立体的に変形していきます。汚いので写真はみせられませんが。これが文字通り足に吸い付くようなマーベラスな履き心地を創り出し、足の痛みももちろんゼロ。
コスト的にも材料費数百円でできるので、工具が整う方にはオススメな工作であります。
以上FYI。

こちら↓の記事もどうぞ。

スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

ブログ内の関連コンテンツ by Google

 
TOP