2015-09-23

父の日、母の日を前に考える トヨタ感動CM 親子の物語を2篇

2015-09-23
スポンサーリンク
スポンサーリンク

敬老の日。離れて暮らす親。
気にかけてはいたけど、特に電話をかけるでもなく、何もせず過ぎていきました。
何か贈り物をすればよいというわけではないけれど、なにもしないことの罪悪感もちょびっとあり。

そんなタイミングで、そんなインサイトを想定したトヨタのWEBCMに捕捉されてしまいました。

親が愛してくれたように、あなたは親を想っていますか?

同じ質問を親子にしてみるというドキュメント映像です。
親と子供の解答の違いによって浮かびあがる、
親の子供に対する想いの強さ。
その大きな想いを受け止めたとき、
あなたもきっと、親の笑顔が見たくなると思います。
ぜひ、ご覧ください。



YouTubeのコメントは、素直に感動したというものから、クルマの広告が邪魔という意見までいろいろです。
広告なので当然演じているのですが、子でもあり親でもある自分の立ち位置では両方の気持ちがわかるわけで、演出もそれなりにご立派ではありますが、それ以上に親子のつながりを考えさせるきっかけになるCMだと思います。ウェルキャブを買うかどうかはそこから先の選択肢の一つってことですね。

同じくトヨタのWEBCMで、こちらは父の日に公開された親子の物語をもう一篇。娘がいるお父さんはウッとなるかも。

父の日に、世界中の親子へ贈る物語。父の目と、娘の目。クルマを舞台に繰り広げられる­­人生の軌跡を、2つの視点から描き出した新感覚ダブルサイド・ストーリー。その眼差­し­に映し出される、本当の想いとは・・・

This is a story dedicated to parents and children in the world on Father’s Day.
Eyes of father and eyes of daughter.The double-sided story of life time with cars captured from two different points of view will give you new sensation.
What is the true feeling behind those loving eyes?




父の日、母の日をきっかけに。




スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。
 
TOP