2017-07-09

レンズは活かしてメガネのフレームだけ交換してみた。JINS パリミキ

2017-07-09
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「メガネ フレームだけ交換 値段」「メガネ フレームだけ買う」とかで検索して流れ着いた方には、期待する内容とはちょっと違う結果になってるかもですが、ウソではないのでまあ読んでみてください。(^^)

長年使用しているお気に入りのフレームを活かして、レンズだけ安価に交換できたよ!とタイトルの逆のパターンで威張っていたのが今年の正月のことでしたが↓

➡激安のレンズ専門店れんず屋で普段かけているメガネを40分で遠近両用にレンズ交換してみた

そのわずか1月後に、酔っ払って駅のエスカレーターから滑落。
なんで落っこちたのか?どういう落ち方をしたのかよく覚えてないのですが、翌日コメカミの上にタンコブと指3本まとめて突き指をしていることが判明。
あわせて、お気に入りのメガネのフレームも破損していることに気づきました。

欠けた部分はエスカレーターのスキ間に飲み込まれたと思われ。
使う分には支障はなく、「誰もお前の顔など気にしていない」という「嫌われる勇気」の言葉通り、眼鏡壊れてますね?なんて言う人はいないので(人間壊れてますね?とは散々言われましたがw)、このまま使い続けてもよいのですが、貧乏くさいのとレンズだけ交換した意味が全くないので非常に気分がよろしくないわけです。

フレームの修理は可能なのか?費用はいくらかかるのか?

なもんで、まずはフレームの修理にいくらかかるのかを調査。
使用しているフレームは以前の記事↓で紹介した、パリミキのフレームです。

➡セルロイドフレームメガネの白い汚れをいろんなもので磨いて落としてみた

とあるメガネ店舗で修理できるか相談したところ、セルロイドであれば今の技術をもってすれば直せないものはない、金額は9,000円~で納期は3~4週間、と仰せ。
成る程直せるのであればパリミキに持ち込んで相談するにしくはない、がしかし、修理に出している3~4週間の間、かける眼鏡がない。

ということで、修理に出している間の中継ぎ用メガネを、↑の記事で散々disっていたJINSに赴き、賞味1時間、料金レンズ込み5,400円でサクッと作ってもらいました。
いろいろ文句は言ってましたが、速攻で手軽にオーダー品が作れるというのは非常に便利で助かるわけです。disってゴメンねw。



修理は可能なのか?フレームだけ交換は可能なのか?

満を持して、パリミキに突入し、店員に事情及び希望を説明。
いろいろ調べてもらいましたが、選択肢は以下の3通り。
  1. 工場にフレームを送り、修理可能か確認する。
  2. 同じフレームの在庫を調べて、在庫があればフレームのみ交換。
  3. レンズを活かせる小ぶりなフレームをさがしてフレーム交換しレンズを加工。
んで、結論から言うと今回は2の選択をしました。

1については、実際に工場にフレームを送って確認してもらったのですが、本体素材の劣化が見られるため部位的にきちんと接着できるかやってみないとわからない、やった後も微妙とのこと。
金額は7,000円程度のことでしたが、直るかどうか微妙なものにベットするのはリスキーってことで断念。

3については、フレームが限定されるのと、できたとしても位置の調整などでうまくいくかどうか微妙、とのことでこれも断念。

2は、全く同じ型番ではないものの、後継品がまだ在庫が残っておりレンズの大きさが全く一緒、且つ後からわかったのですがセールで半額(7,900円)工賃は無料というダメ押しもあってコチラを選択したわけです。

いろいろ手を尽くしていただき、最良な選択を提示いただいたことで、自分は満足したわけですが、検索してこられた方は3の詳細について期待されていたかと思います。
なかなか検索するだけでは結論を導き出しづらい問題かと思いますので、自分のような恥ずかしい事情含めて、まずは専門家に相談されることをオススメいたします。


スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

ブログ内の関連コンテンツ by Google

 
TOP