2016-10-02

べっぴんさん 注目のキャスト 姉坂東ゆり(野上ゆり)役 蓮佛美沙子(れんぶつみさこ) レノアハピネスCMにも出演

2016-10-02
スポンサーリンク
スポンサーリンク

先週から今週にかけての、母君子とパートナー花山さんとの別れで日本中を号泣させたとと姉ちゃん。
最終回では、トドメとなる西島ととからの「頑張ったね」の言葉に嗚咽レベルで泣いたわ、の声が上がってます。

ととロス患者には酷な終わり方ですな。
DVD録ってる方はコチラ↓をご活用ください。

→ととねえちゃんBD・DVDラベルを花森安治「暮しの手帖」表紙画モチーフに自作してみた

録ってなくて病みそうな方は↓をどうぞw。


べっぴんさん ヒロイン芳根京子 カウントダウンツイート

いろいろ批判も出たとと姉ちゃんではありましたが、結果としては平均視聴率22%台を残し、NHK朝ドラは大阪制作のあさが来たに続いて東京制作チームも成功を収めたといえます。
10月3日よりスタートするべっぴんさんは再び大阪制作となりますが、大阪チームにとっては大成功したあさが来たの後釜になるだけにプレッシャーも大変だと思われます。
ヒロイン坂東すみれ役の芳根京子ちゃんは19歳。
波瑠の体験談を聞くと、吐きそうなプレッシャーが10ヶ月続く過酷な現場に耐えられるのか心配になりますね。


放送開始を前にそんな彼女と共演者によるカウントダウンツイートが始まってます。







公式ブログにもアップされてますね。


注目のキャスト 坂東ゆり役蓮佛美沙子(れんぶつみさこ) 37.5℃の涙・お義父さんと呼ばせてにも出演

ヒロインがブレイクするのはもちろんですが、あさが来たのディーン・フジオカ、とと姉ちゃんの相楽樹のように共演者の中にもブレイクする役者が混じっており、話題作りの大物ゲスト出演者と並んで朝ドラの注目要素となっています。

→あさが来た五代友厚役 ディーン・フジオカはイケメンノマド逆輸入俳優

→ととねえちゃん まりこ役 相良樹(さがらいつき)はブレイク必至!

上記まり姉ちゃんの記事は半年で1万PVと、このサイトの中では非常によく読まれた記事となりました。
今後の相楽樹ちゃんの活躍に期待が高まります。

んで、今回のべっぴんさんでブレークする役者は誰なのよ?ですが、個人的には姉の坂東ゆり役の蓮佛美沙子さん(25歳)に注目しています。
全く無名というわけではなく、とと姉高畑充希同様既にある程度キャリアがあるわけなので、ブレイクとかじゃなくて再注目くらいなのかもですが。
蓮佛 美沙子(れんぶつみさこ)
生年月日: 1991年2月27日 (25歳)
生まれ: 鳥取県 鳥取市
身長: 163 cm
学歴: 白百合女子大学文学部児童文化学科児童文学・文化専攻卒業
愛称: 蓮ちゃん
所属: ソニー・ミュージックアーティスツ
最近のドラマでは、TBS系「37.5℃の涙」でドラマ初主演、フジテレビ系「お義父さんと呼ばせて」でも準主役で出演してます。
37.5では杉崎桃子役、お義父さんでは花澤美蘭役、べっぴんさんでは坂東ゆり役、と偶然ですが花の名前が続いてます。
べっぴんさん坂東家は菅野美穂演じるお母さんがはな、芳根京子演じる主役がすみれと花縛りですがw。
本名の蓮佛にもハスの花が入ってますが大変珍しい苗字で、ご本人出身の鳥取市に見られる名前なのだそうです。
蓮の上のホトケを連想させるなんだかありがたい名前であります。

CMではP&GレノアハピネスのドラマCMが始まってます。



この後、姉妹編にも出演予定。

またネスカフェアンバサダーでは、広告代理店を舞台にしたWEBドラマでも好演。
プレゼン持ち時間のあるあるネタは最高に笑えます。


↓はご本人のインスタグラムより。


果たしてあさが来たを超える視聴率は獲得できるのか?
来週からのべっぴんさんに期待しましょう。

(追記)

初回のクレジットでネタバレw。野上ゆり役 蓮佛美沙子

いよいよ始まった新朝ドラべっぴんさん。
視聴率も20%越えと好調な滑り出しのようです。

10月3日に始まったNHK朝の連続テレビ小説「べっぴんさん」。初回は21.6%の高視聴率で、「あまちゃん」から8作連続での初回20%超えを達成。今期も“朝ドラ人気”の継続を予感させるスタートとなった。 そんな近年の朝ドラ好調の陰で「ヒットの法則」がささやかれているという。
「顕著に見られるのが『マッサン』以後、企業創業者をモデルとした作品が多いという点です。『マッサン』はニッカウヰスキー、『あさが来た』は大同生命、『とと姉ちゃん』は暮しの手帖社。それぞれ企業を立ち上げた人物がモデルになっています。『まれ』は近年では珍しくモデルなしの作品ですが、それが原因かはわかりませんが平均視聴率で20%を割り込んでいます。今回の『べっぴんさん』もモデルとなった坂野惇子は、子ども服専門店『ファミリア』の創業者の一人です」
朝ドラで創業者ものといえば、伝説の作品「おしん」の主人公も「ヤオハン」の創業者の一人がモデルであった。やはり創業者の一代記がヒットのヒントになっているのかもしれない。

民放とはケタ違いの製作費というのもありますが、企業や業界がテーマとなることでの関係者からの広がりやご当地での盛り上がりなど朝ドラスタッフは確かに方程式を持っているようです。
初回だけ見ての離脱が多いゴールデンタイムのドラマと異なり、朝のドラマは視聴習慣で見てもらえるという強みはありますが、ツカミの第1週でコケたら半年間見てもらえなります。
べっぴんさんもここは朝ドラ方程式のひとつである「号泣を誘う」のカードを切ってスタートを乗り切った模様です。



ほかにも「嫌な敵がムカつく→駆逐して喜ぶ」「仕事でしくじりドヨ~ンとなる→乗り切って楽しくなる」などの感情移入カードの他、大物ゲストが出演するなど話題づくりや出演者を起用した関連番組による番宣など視聴率向上のためのあらゆる方程式があり、これが見事に当たっているということでNHKスタッフはウハウハだと思われますw。

ナレーターである母はな役の菅野美穂が過去を回想して語るという物語の構成上、舞台はキアリス創業20周年パーティーからスタートしますが、野上潔役高良健吾の隣にゆり役蓮佛美沙子が寄り添い、しかも初回放送のオープニングの出演者のクレジットは坂東ゆりではなく野上ゆり:蓮佛美沙子となっており、7話現在召集令状が届いた潔に思いを告げているゆりは潔さんと結婚するのか?というネタバレがw。

立身出世ものとしてはあさが来たの女傑広岡浅子やとと姉ちゃんの大橋鎭子と比べてややおとなしい気もしますが、モチーフとなる業界が金融や出版ではなく子供服であり刺繍だったりすることから、視聴者にとっては身近な題材として共感を得やすいものと思われます。
また、たびたび登場する刺繍のシーンや、市村正親演じるあさや靴店の店主浅田茂男の靴づくりシーンなどは、クラフトブーム広くはDIYによるものづくりを盛り上げるきっかけにもなりそうな気がします。

スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

 
TOP