2016-10-17

裏マニフォールドのラウンドジップロングウォレットを栃木レザーとYKKエクセラファスナーで自作してみたその1 浅草橋(ABC)アビチで格安栃木レザーを購入

2016-10-17
スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前より時々話題↓に出してますが、革細工を始めて早3年ほどが経過しました。

→わずか数百円で革靴の履き心地を極上にする自作レザーインソール
→ハンティングワールドのボストンバッグをリメイクしてみた

最初の頃は練習がてら一山数百円のハギレでこんな↓小物ばかりをつくっておりましたが、
  • 靴べら
革を断ち、菱目打ちで穴をあけ、糸で縫い合わせる練習のためだけの作品。
裏はヌメ革。玄関に置いてますが、一度も使ったことがありません。
  • キーケース
マグネットを配するためではなく、革ハギレの大きさの都合でこのような形に。。。
部材は手芸屋で調達。内側は経年変化で飴色に。フックも一つ紛失。
  • がま口
手芸屋で200円のがま口キットを買って金具だけ利用。
シャツのポケットに入れても目立たないコンパクト加減と
デザインがお気に入りですが、開口部が小さいので大変使いづらい。
  • スマホケース
市販品ではあまり見ない縦開きの手帳型。
使用時、蓋を鷲掴みにできるので落としにくいという利点が。
楽天で200円で買ったケースをマジックテープで革面に接着。
カメラ穴を開けてないので撮影の度にケースごと脱着するのがメンドい。
スマホは携帯電話遍歴↓で紹介したドコモギャラクシーネクサスSC-04D。
ボタンが両サイドにあるのと革ハギレの大きさの都合で縦開きに。
→携帯電話遍歴その7 ドコモ NEXTシリーズ GALAXY NEXUS SC-04D

3年もたつと少しずつ買い足した道具も一通り揃い、さらに独学でも多少の上達は見られ、小物ばかりではやや物足りなくなってきておりました。

マニフォールドのロングウォレットの型紙をゲット

そんなある日、東急ハンズの革細工コーナーで↓のムック本を手に取ったのですが

革や道具の知識・テクニックが満載。初心者に超オススメ。
その中になんと、あの人気ブランドのマニフォールドのラウンドジップウォレットの型紙が収載されていたのであります。

型紙はコピーして使います。
載っていた型紙は、実際に販売されている裏(ウラ)マニフォールド(URA MANIFOLD)↓という商品のもの。
わずか5枚のパーツで構成されたシンプルかつ機能的なウォレットであります。

SIZE : H10.0cm×W19.5cm×D2.0cm
COLOR : BLACK・TAN・MID BROWN

お客様からの提案により構築された “URAシリーズ” の第一弾。

コンセプトは『その日一日専用のお財布で、社員証&免許証が入る薄いお財布』。

お仕事の時に常に身に付けられて邪魔にならず、最低限の収納力を持たせたシンプルさが “URAシリーズ” のコンセプトである。

お札入れ部は2カ所存在。旧モデルでは壱萬円札にはギリギリのスペースであったが、お札入れ部を5mm高くする修正と、小銭入れ両サイドのカード入れ幅を拡大することで使い勝手を向上。

造りにおいては、極力パーツ数を少なくすることで作業工程を減らし価格に貢献するも、長年の使用にも耐うる仕様としている。

お客様のご要望により多くの TEST SAMPLE が生まれることとなり、現在に至るまでも密かに “URAシリーズ” は進化し続けている。


浅草橋アビチ(ABC)で栃木レザーを購入

小銭入れはいくつか作っていましたが札が入る普段使いの財布は作ったことがなく、また上記ムック本には型紙だけでなく作り方も事細かに紹介されており、これを作らずして一体何をつくるのかと思われたため、早速材料の調達にかかりました。

とはいえ、ハギレ以外の革を買ったことが無いので、デカい革はドコで買うのが良いのかいろいろ調べてみるとどうも日暮里や浅草橋あたりに革細工用品の店が多いらしい、そしてその中で「革のアウトレット」を標榜する浅草橋のアビチなるお店が気になり、休日出勤のついでに普段は全く用のない浅草橋駅に降り立ったわけです。
そのアビチ、お店は小さいのですが所狭しと材料が並んでおり、初心者には何をどう探せばよいのかサッパリわかりません。
HPにも登場している店主に相談し、いくつか候補を見せてもらった後、2.1mm厚の黒の栃木レザー37デシ(1デシ=10cm×10cm)と、1.3mm厚のヌメ革35デシという2枚を選択。
裏マニフォールドづくりには十分すぎる大きさですが、今後別のものを作ることも想定してここは奮発。
といっても2枚で7,000円くらいなので、定価17,000円の裏マニフォールド1個つくるだけで十分元が取れてしまいますが(商品とはクオリティが違うケドw)。

もうひとつの必要な材料であるファスナーは楽天で調達。
これもいろいろ調べてみると、YKKのエクセラなるファスナーがブランド品にも使用されている最高級品なのだとか。
んで、そのエクセラのエレメントにアルミ合金を使用したルミナというファスナーのマルチカラーチェーンが面白いかと思われ、クソ高いと思いながらもコチラも奮発してファスナーをサイズ違いで2本、さらに長さ調節用の上止め(単品がないので仕方なくスライダーもセットになったもの)を購入しました。


栃木レザー&エクセラファスナーと材料だけは一級品が揃ったところで、いよいよ工作に取り掛かります。





スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

 
TOP