2016-10-24

裏マニフォールドのラウンドジップロングウォレットを栃木レザーとYKKエクセラファスナーで自作してみたその3 レザークラフトはお金がかからず、ストレス解消にも最適?

2016-10-24
スポンサーリンク
スポンサーリンク

裏マニフォールドのラウンドジップロングウォレットを栃木レザーとYKKエクセラファスナーで自作してみたその2からの続きです。

最も難所と思われるファスナーの接着を終えれば、あとはひたすら穴を開けて縫うの繰り返しであります。
革に縫い穴を開ける工程は最もレザークラフトらしい作業とも思われ、無心に木槌で菱目打ちを叩くのはよいストレス解消にもなります。
がしかし、本人のストレスは解消しても、その騒音が逆に周りにストレスを与えるようで、細君や子供から毎回うるさいというクレームが出るわけです。
当然夜の作業は憚られ、昼であってもマンションとかだと厳しいかもしれません。
ハンドプレス機なるものがあれば音無しで穴あけ作業ができるみたいですが、それよりもミシンが使いたいなーとか思う今日このごろ。

→ハンティングワールドのボストンバッグをリメイクしてみた その6 革(レザー)用ミシン アックスヤマザキ


レザークラフトは本格的な道具がなくてもOK

レザークラフトは大物を作るのでなければ、専用の工具がなくても全然OKで、自分も最初は穴をあける菱目打ちと針と糸以外は、金槌やカッターなど家にあった工具をそのまま使っていました。
徐々に必要になってくる道具も、ダイソーで代替品になりそうなものを見つけて試したりしてます。

例えば、縫いの工程で革を挟んで固定するレーシングポニー↓という道具がありますが、


高さ抜群 ステッチングツリー レーシングポニー レザークラフト 道具 革 細工 手縫い 用 ニュージーランド木製[Harvestmart]

その代わりはこれw↓。
ダイソーの100円万力です。
底が吸盤になっていてお菓子の缶に固定すると高さ的にもピッタリ。

時々糸がねじに引っかかりイラッとしますが。。。
麻糸に塗るロウは、何故か家に大量の在庫があり今後も使うことは100%ないと思われるアロマキャンドルを流用。

指ぬきは毎回ハギレを適当にまるめて作ります。
趣味としてはイニシャルコストがそれほどかからないのと、成果物をそのまま使用すれば、その分の費用が浮く(元がとれる)ということで、レザークラフトは実益も兼ねた趣味であるともいえます。


裏マニフォールドロングウォレット完成

縫い作業は一番時間がかかりますが、これもストレス解消になりそうな単純作業で、集中力の鍛錬にもよいかもしれません。
革用の手縫い針は、予め穴が空いた革を縫うので先が丸くなっていますが、それでも革の穴を通すときは、革の厚みで布よりもしっかりとした手応えがあり、その独特の感触が快感だなーとか思っていたりします。わかりますかね?
NHK朝ドラ「べっぴんさん」では、ひと針ひと針思いを込めてものを作ることが大事なんやで、ということになっていますが、大抵何も考えずにぼーっと縫い進めてます。

縫うだけで違うものが生まれるという、まさにものづくりの真骨頂
で、端折りますが↑の小銭入れ部分と本体を貼り合わせて底部を縫えば縫いの工程は終了。


仕上げに黒のトコノールでコバ(断面)を磨きます。


この最後の仕上げ工程が完成度を左右するとのことですが、シロウトにはなかなか難しい作業であります。
ともあれ本体はこれで完成!

ロングウォレットは使ったことがないので、ポケットに入れて使えるように穴を開けてハトメを留め、同じくムック本に作り方が載っていた4本編みのウォレットロープに繋げてみました。

で、その完成作品↓がコチラです。






ウォレットロープは合皮で編みがユルく、しかも長すぎの感がありますが、本体は遠目には問題なさそうに見えることもあり、ちゃんとしたものは初めてのわりにはそこそこできたなーと満足。
材料だけはご立派なものを使っているので、使い込むうちに味がでてくると思います。

ということで今回の工作は終了です。

こちらの記事もいかがですか?


スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

 
TOP