2019-01-23

ゴローズ(goro's)風レザースマホケース&iPhoneケースを自作してみた その1

2019-01-23
スポンサーリンク
スポンサーリンク

携帯使用歴20余年にして、今どきの人に比べるとおそらく少なめな10号機となる端末ASUS Zenfone3 Maxを導入するにあたって自作した、レザースマホケースの製作過程を公開します。
Zenfoneはプライベート携帯ですが、あわせて会社支給のiPhone6Sのケースもお揃いで作ってみました。
とはいえこれも1年半以上前の話ですがw。



いきなり完成図。左がiPhone用、右がASUS Zenfone用スマホケースです。

コンチョ付きネイティブアメリカン調スマホケース

自作のスマホケースは7号機のGalaxy Nexus用から作り始めましたが、然したるテーマや方向性もない習作レベルのものでありました。


その後、レザークラフトの技術を習得するに従い、意匠にもこだわりたくなるのが人の常。その流れに逆らうことなく、多くが流れていくと思われるネイティブアメリカン風な方向に寄っていったわけです。
そんな折、携帯歴20年にして、やっと10台目の機種となる「ASUS Zenfone3 Max」導入にあたり、たまさか余っていたコンチョを有効活用したスマホケースを作ってみようかと思ったのが2017年の5月のこと。
ということで、例によって頼まれてもいないのに制作工程を披露w。


アールにこだわったオリジナルデザイン

まずは設計図。いつものとおりイメージからパワポで作ってます。

コンチョありきのデザイン。「コンチョ×財布」で検索するとこんなイメージの画像がでてきます。

手帳型としては普通ですが、紐でくるくる留めるタイプは、市販品では見当たりません。
こだわっているのは、右側のアール(ゆるやかなカーブ)部分のデザイン。
システム手帳バインダーを作ったときも、このアールにこだわってましたが、市販品のスマホケースではこの手のアールのついたデザインは皆無なんです。

パワポを印刷してモックアップを作ったのちに、そのまま型紙として使用します。
使用する革は、浅草橋アビチで購入した1.3mm厚のヌメ革。ラウンドジップウォレットシステム手帳バインダーを作った余りです。

左からオモテ面、中面右ページ部(スマホの背面)、中面左ページ部(ポケット)。
材料は上記に加えて、クリアケースを楽天や100均で購入。どれだけ使えるかわからないので、まずはお金をかけずに作ってみます。

スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。

0 コメント:

コメントを投稿

 
TOP