2019-02-03

オフィス内で携帯したくなる財布を考えてみた その3 試作品の製作を開始

2019-02-03
スポンサーリンク
スポンサーリンク

オフィス内で携帯したくなる財布を考えてみたその2からの続きです。

パワポで作った型紙を材料に貼り付けてカットしていきます。
レザークラフト教室などに通ったことがないので、全くの自己流です。ちなみに子供の頃から塾や予備校にも一度も通ったことがありませんw。別に教わるのが嫌いなわけではないんですけどね。

ヌメ革は1.3mm厚。市販の財布に使われている生地と比べるとかなり厚い気がします。
オモテ面のヤギ?革と内側のヌメ革は実際に折った状態でサイズを合わせてから断裁。
がま口の型紙は使いまわしです。5年前のがよく残ってたなと思います。

素材の硬さや厚さも要検証

試作品は実際に使ってみて、サイズ感と使用感を検証するためのものなので、素材は吟味せず有り合わせのものを使っているのですが、この時点で早くも生地の硬さや厚さはちゃんとこだわったほうが良いかなという気がしてきました。

一番厚い部分で4枚重ねとなります。札入れ部内側の革とポケット部はもっと薄い革がよいような気がします。
こちらは逆に、口金の溝に対して、革が薄すぎのような気がします。硬さも気になります。

カード収容枚数は2枚に設定

カードは、オフィスビル内のファミマで使うEdyとTポイントカードの2枚の収容を想定。重ねれば4枚収容は可能かもしれませんが、カードを重ねる気持ち悪さがあるので2枚で良しとします。アブラサスは4枚も重ねてますが、カードは大丈夫なのかな?

ポケット開口部とお札を押さえる部分は面取りをしてトコノールで仕上げておきます。
ボンドで組み立てていきます。折りの部分は接着せず、オモテ面のみやや遊びがでるようにしています。
疲れるし飽きるので、だいたい整ったかなというところで終了w。
本体も面取りをします。キレイに削れる革とひっかかる革があります。腕がないせいか?
トコノールを塗ってウッドスリッカーでひたすら磨きます。コバ作業はどうにも苦手です。
年輪みたいになってますが、これがもう限界。試作品なので良しとします。
その4に続きます。


スポンサーリンク
 
またのお越しをお待ちしてます。よろしければシェアもお願いします。
Next
This is the most recent post.
前の投稿

0 コメント:

コメントを投稿

 
TOP